エコな暮らしをしたいならエアパス工法を取り入れよう

つみき
  1. ホーム
  2. 室内設備を重視して

室内設備を重視して

玩具の家

四季がはっきりしている日本に注文住宅を作る時は、室内設備を重視することも大切です。福岡は季節ごとの楽しみが多くて、とても快適な場所です。福岡の住まいの室内設備が充実していますと、福岡で四季を通じて快適な生活を送ることができます。蓄熱式暖房やオイルヒーターの人気は高まっていて、注文住宅に導入することも多くなっています。蓄熱式暖房は電気料金が安くなる夜中に稼働して、内部の熱を蓄える仕組みを持っています。輻射熱と空気の自然対流を活用することで、24時間いつでも一体の暖房温度を保つことができます。床下に蓄熱ユニットを置いた蓄熱床暖房は、ランニングコストの安さから特に注目されています。オイルヒーターは空気を汚さない輻射熱暖房として人気です。

福岡は夜景も綺麗で、注文住宅から夜景を楽しむこともできます。注文住宅の照明を考える時は、光源について考えることが大切です。光源として白熱灯と蛍光灯があり、それぞれに特徴があります。白熱灯は暖かみのある赤みを帯びた光が魅力です。雰囲気の良い福岡で白熱灯を上手く活用することで、より良い雰囲気の注文住宅にすることもできます。白熱灯は物の陰影をくっきりとさせて、物を立体的に見せる効果があります。蛍光灯は電気代があまりかからず、広い範囲を一気に明るくすることができます。注文住宅は設計がとても大切で、設計時にどの部屋にどんな照明を用いるかを決める必要があります。照明によって部屋の雰囲気に個性がでます。理想の雰囲気の住まいは、照明を工夫することで作ることもできます。