エコな暮らしをしたいならエアパス工法を取り入れよう

家の模型と電卓

風を感じる快適な住まい

作業員

通気によって室温調整

夏に涼しく冬に暖かいというのは、住まいとして理想の形です。従来、こうした住環境を実現するには、冷暖房を中心とした人工的なシステムにもっぱら頼っていました。しかし最近では資源保護や自然との共生を大切にする思想の普及によって、極力エネルギーを消費せずに快適な環境を作り出す住まいづくりの手法に注目が集まっています。そうしたものの1つに、エアパス工法があります。エアパス工法とは、エア(空気)のパス(通り道)を積極的に作り、室温調整に生かした家づくりの手法です。エアコンの使用を最小限に抑えることで光熱費の節約に貢献するとともに、建物の寿命を伸ばしたり、健康リスクを低下させたりできるという利点があります。

健康被害も予防する

エアパス工法にはいくつかの種類がありますが、外壁と断熱材の間に空気の通り道を作り、上昇気流によって自然な吸気と排気を促すというのが基本的な構造となっています。外気は床下に設けられた換気口から入り込み、家全体を包むようにして上昇しながら小屋裏から出ていきます。この換気口は手動で開閉できるので、夏の間は風通しを良くすることで室温を下げ、逆に冬の間は陽射しであたためられた空気を溜めこむことで保温作用をもたらします。エアパス工法は住宅に適度な通気性をもたらすことから、結露によって建材が劣化するのを防ぐことができます。また、空気の淀みによる不快感を避けることも可能になります。さらに、住戸内に温度差ができにくくなるため、ヒートショック対策にも利用できます。

家と男女

ファミリー層に適している

寝屋川は子育て環境に良い地域です。そのため、ファミリー層に人気があります。新築一戸建ても建てられてきているので、不動産情報を探してみましょう。公園や学校もたくさんあります。住みやすい環境のところを探しましょう。

玩具の家

室内設備を重視して

雰囲気の良い福岡の注文住宅はとても人気があります。照明を工夫したり、暖房装置を工夫することで、福岡の注文住宅での生活はより有意義となります。注文住宅は設計をいかに考えるかが大切です。上手い設計によって、理想の住まいが完成します。